建設業許可申請ならKiND行政書士事務所

電話無料相談受付中!0120-698-250メール相談はコチラ
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京

建設業許可コラム 建設業許可に関する記事をご紹介!

簡単な工事は建設業許可がいらない? 許可が必要な場合・要らない場合を詳細解説

建設業許可は、建設業法に基づき、一定規模以上の建設工事を請け負う場合に、国土交通大臣または都道府県知事から受ける許可をいいます。許可を受けなければならないのは、一定規模以上の建

建設業の一人親方とフリーランスの違いは?

建設会社に雇用されることなく、かつ従業員を雇用せずに個人事業主として建設業に関わっている人が「一人親方」と定義されている一方、フリーランスは、業界を問わず、「組織に属さず、自身

建設業で解体工事業の許可を得るにはどうすればいい?

建設業の許可は、建設業法に基づいて業種ごとに許可を受けることになっており、現在は29業種に分かれています。従来28であった建設業許可の業種が現在の29業種になったのは、「とび・

建設業現場が変わる!生産性向上のポイントを解説

生産性の向上と言うキーワードはニュースや記事などでほぼ毎日取り上げられています。生産性の向上は、全ての日本企業が取り組むべき課題で、建設業界も生産性の向上に取り組んでいます。

赤字でも建設業許可は取得できる?

この記事では赤字でも建設業許可を取得できるパターン、一般建設業許可・特定建設業許可でどのように異なるのかなどを、詳しく解説し、赤字であってもできるだけ建設業許可を取得できるよう

板金工事における建設業許可取得の流れとポイント

建設業を営業しようとする場合には、建設業許可が必要です。この建設業許可は、令和3年4月現在29種類あります。この29種類の中の一つが、板金工事業になります。板金工事業の許可があ

建設業の働き方改革? 2024年から始まる時間外労働の上限規制とは

最近までの日本は、高度経済成長期やバブル期の成功体験を継承した「徹底的に働く」という価値観が根強く残っており、年齢によってはバブル期に「24時間戦えますか」というキャッチコピー

【建設業許可】国土交通大臣許可と都道府県知事許可の違いって何?

建設業の許可にはいろいろな種類があり、国土交通大臣許可(大臣許可)と都道府県知事許可(知事許可)、特定建設業許可と一般建設業許可などに分かれています。大臣許可・知事許可は営業所

建設業許可、「一般」と「特定」の違いとは

建設業許可は、建設業法に基づき、一定規模以上の建設工事を請け負う場合に国土交通大臣または都道府県知事から受ける許可ですが、一般建設業許可と特定建設業許可の2種類に分かれています

建設業では見積期間が厳しく定められている?

建設業では国土交通省の定める建設業法令遵守ガイドラインという指針において、下請人を保護するため、見積期間などの契約に関する各種条項の要点が出されています。 元請事業者が下請事業
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京