建設業許可申請ならKiND行政書士事務所

電話無料相談受付中!0120-698-250メール相談はコチラ
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京

建設業の現場 建設業許可に関する記事をご紹介!

建設業で義務化されたアルコールチェックとは 罰則内容や準備したいポイント

建設業界でも義務化となったアルコールチェックは、2022年4月1日から施行されました。また、同年10月1日からはアルコール検知器を用いたアルコールチェックの義務化が施工される予

建設業でSDGsに取り組むメリットや事例を紹介!

「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」と言う単語は、インターネットやテレビなどのメディアやビジネスの間でも広く使われる単語となっています。SDGsは、持続可能な開発目標です。事業

建設業の2025年問題とは?今後の展望や対策のポイントは?

2025年問題とは、戦後第一次ベビーブームとなった1947~1949年に生まれた団塊の世代が、2025年になると後期高齢者である75歳以上となり、福祉・社会保障の負担の急増が懸

建設業界の談合とは? そもそも目的は?何が悪い?

建設業界の談合とは? そもそも目的は?何が悪い? 建設業の不正行為と言えば『談合』と思われる方も多いかもしれません。談合は、数が少ないものの発生を続けており、経済規模の大きさか

建設業と不動産業を兼業するメリットとは?

建設業を営む事業者には、他の事業と兼業していることは珍しくありません。建設業を本業として、不動産業や飲食業などの建設業以外の事業を行うことを兼業といいます。建設業と相性の良い兼

建設業に税務調査が入りやすい理由とは 対策のポイントも紹介!

税務調査は、公平・適正な申告納税制度を維持するため、国税庁が行う調査です。税務調査には、その対象になりやすい業種がありますが、中でも建設業は税務調査が入りやすいといわれています

建設業許可があっても他県で工事はできない?

建設業許可は、一定規模以上の建設工事を請け負う場合に受けることとされている許可です。この建設業許可には、国土交通大臣許可と都道府県知事許可がありますが、大臣許可は全国の工事がで

建設業許可の不要な附帯工事とは

建設業許可は、建設業法に基づき、建設工事を請け負う場合に、国土交通大臣または都道府県知事から受ける許可をいいます。 しかし、付帯工事を請け負う場合は建設業許可を受けなくてもよい

建設業の見積書で法定福利費の明示を求められる理由とは

近年、建設業の見積書作成の際、法定福利費の明示を求められることが多くなっています。 この法定福利費は、企業の福利厚生費のうち、法令により企業が負担することが義務付けられている費

建設業許可の事業承継のやり方・手順とは

2020年10月1日に建設業法が改正され、事業承継における建設業許可の取り扱い方が変更されました。許可を受けた業者の地位を承継できるようになったため、建設業の事業承継のハードル
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京