建設業許可申請ならKiND行政書士事務所

電話無料相談受付中!0120-698-250メール相談はコチラ
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京

建設業の現場 建設業許可に関する記事をご紹介!

建設業許可があっても他県で工事はできない?

建設業許可は、一定規模以上の建設工事を請け負う場合に受けることとされている許可です。この建設業許可には、国土交通大臣許可と都道府県知事許可がありますが、大臣許可は全国の工事がで

建設業許可の不要な附帯工事とは

建設業許可は、建設業法に基づき、建設工事を請け負う場合に、国土交通大臣または都道府県知事から受ける許可をいいます。 しかし、付帯工事を請け負う場合は建設業許可を受けなくてもよい

建設業の見積書で法定福利費の明示を求められる理由とは

近年、建設業の見積書作成の際、法定福利費の明示を求められることが多くなっています。 この法定福利費は、企業の福利厚生費のうち、法令により企業が負担することが義務付けられている費

建設業許可の事業承継のやり方・手順とは

2020年10月1日に建設業法が改正され、事業承継における建設業許可の取り扱い方が変更されました。許可を受けた業者の地位を承継できるようになったため、建設業の事業承継のハードル

建設業の無許可営業にはどのような罰則がある?

建設業に関わる人にとって、建設業許可というのは切っても切り離せない関係にあります。建設業許可がなくても、軽微な工事はできるとは言え、条件に当てはまらない工事を無許可で請け負うと

建設業許可業者の帳簿保存義務ってなに?

建設業許可を受けて建設業を営む場合、事業を開始し営業(工事)していく上で様々な義務が建設業法により課されますが、帳簿の保存もその1つです。契約など営業等に関する事項について帳簿

建設業の一人親方とフリーランスの違いは?

建設会社に雇用されることなく、かつ従業員を雇用せずに個人事業主として建設業に関わっている人が「一人親方」と定義されている一方、フリーランスは、業界を問わず、「組織に属さず、自身

建設業では見積期間が厳しく定められている?

建設業では国土交通省の定める建設業法令遵守ガイドラインという指針において、下請人を保護するため、見積期間などの契約に関する各種条項の要点が出されています。 元請事業者が下請事業

建設業の請負業者が加入しておきたい賠償責任保険とは

建設業の請負は、業務の遂行上様々な事故に遭遇するリスクがあります。請負業者賠償責任保険は、請負作業の遂行中に発生した事故により、他人に危害・損害を与えた場合の損害賠償責任を負担

建設業が取り組むデジタル化とは?また、何が変わるの?

最近メディアでよく使われている言葉として“DX”が注目されています。DXとはデジタルトランスフォーメーション「Digital Transformation」の略で、テクノロジー
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京