建設業許可申請ならKiND行政書士事務所

電話無料相談受付中!0120-698-250メール相談はコチラ
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京

建設業界で働く 建設業許可に関する記事をご紹介!

建設業の離職率が高い理由は?離職率を下げるポイントも

建設業を営む経営者や役員、幹部社員にとって、従業員の離職というのは頭の痛い問題です。できる限りの教育を配慮して行ったのに離職される、給与の高い同業他社や別業界へ転職されるなどす

建設業は60歳以上でも働きやすい?高齢化する建設業界の今後を予測!

日本の高齢化率は深刻です。1994年(平成6年)には高齢化率14%に到達し、2065年(令和47)に38.4%の予測となっております。同年に日本の人口は9,000万人を割り込み

建設業の熱中症対策はどうなってる?労働災害発生に向けた防止対策まとめ

建設業にとって、猛暑の中の作業は大変負荷が強いものです。特に近年は猛暑が続いており、台風・豪雨などによる寒暖差の変化も激しい状況です。若かったり基礎疾患がなくても、熱中症で命を

建設業の女性活躍が求められている理由とは

従来から男性社会といわれる建設業では、未だ女性の就業者が少ない状況が続いています。 しかし、近年は建設業の人手不足を背景に、女性の労働力へのニーズや女性の持つ様々な能力を建設業

簡単な工事は建設業許可がいらない? 許可が必要な場合・要らない場合を詳細解説

建設業許可は、建設業法に基づき、一定規模以上の建設工事を請け負う場合に、国土交通大臣または都道府県知事から受ける許可をいいます。許可を受けなければならないのは、一定規模以上の建

建設業現場が変わる!生産性向上のポイントを解説

生産性の向上と言うキーワードはニュースや記事などでほぼ毎日取り上げられています。生産性の向上は、全ての日本企業が取り組むべき課題で、建設業界も生産性の向上に取り組んでいます。

建設業の働き方改革? 2024年から始まる時間外労働の上限規制とは

最近までの日本は、高度経済成長期やバブル期の成功体験を継承した「徹底的に働く」という価値観が根強く残っており、年齢によってはバブル期に「24時間戦えますか」というキャッチコピー

建設業許可を個人事業主が取得する方法は?

建設に関わり、独立しようとする一人親方(個人事業主)にとって、「建設業許可の取得」というのは重要なテーマです。建設業許可を取得しなくても、小規模な工事を請け負うことはできます。

【2021年版最新】建設業の平均年収は?年齢別・業種別に徹底解説!

私たちの生活インフラを支えるうえで必要不可欠なのが建設業です。建設業界はここ数年好景気が続いています。そんな好景気の建設業で働くとどのくらいの稼ぎになるのか、気になる方も多くい

建設業で役立つアプリ13選

建設業はこれまで、DX(デジタルトランスフォーメーション)、つまりあらゆる業務のデジタル化が遅れているという印象がありました。加えて、日本の労働力人口が減少する中、若者の建設業
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京