建設業許可申請ならKiND行政書士事務所

電話無料相談受付中!0120-698-250メール相談はコチラ
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京

建設業界で働く 建設業許可に関する記事をご紹介!

建設業の離職率が高い理由は?離職率を下げるポイントも

建設業を営む経営者や役員、幹部社員にとって、従業員の離職というのは頭の痛い問題です。できる限りの教育を配慮して行ったのに離職される、給与の高い同業他社や別業界へ転職されるなどす

建設業界は文系・理系問わずに活躍できる?就職の仕方、必要資格、学歴など

建設業への就職は、理系だけでなく文系の学部を卒業した人でも可能です。事務系の職種や、技術系の職種の中でも施工管理については、文系・理系問わず業務を行うことができます。 この記事

建設業で入っておくべき保険は?保険の種類を一挙紹介!

どのような事業にも事故や人的災害などのリスクがあり、リスクに備える方法の一つが保険です。建設業を始める時や建設業の中の新しい業種に挑戦する場合、適切な保険加入が必要になります。

建設業で派遣が禁止されている理由は?

建設業においては、労働者の派遣が禁止されています。それは、労働者派遣法の4条2項に明記されています。 第四条 何人も、次の各号のいずれかに該当する業務について、労働者派遣事業を

建設業の「特定技能」とは?取得に必要な要件・書類も解説

建設現場で活躍している外国人就労者が増えています。2019年時点で、1,658,804人の外国人が日本国内で就労者として日々働いています*。また、建設業では同年で93,214人

建設業の求人が来ないときに見直すべきポイント7つ

建設業で求人を行っても、募集人数に応じた応募者がなかなか集まらず、慢性的な人手不足と言われています。そこで、今回の記事では、建設業の求人が来ない原因を探り、併せて、求人が来ない

建設業のピラミッド構造を詳細解説!ゼネコン、サブコン、下請会社とは

業界の構造を理解することは、その業界に就職しようとする人や仕事を依頼しようとする人にとって重要です。製造業・卸売業・小売業・飲食業、建設業など複数の業界がありますが、そのどれも

建設業の現場では高齢者に就業制限が設けられている?

建設業界では人手不足が深刻化する中、高齢労働者の活用がますます重要になっています。しかし、危険が少なくない建設作業において高齢者の就業には問題もあり、年齢や作業等に関して配慮と

建設業は60歳以上でも働きやすい?高齢化する建設業界の今後を予測!

日本の高齢化率は深刻です。1994年(平成6年)には高齢化率14%に到達し、2065年(令和47)に38.4%の予測となっております。同年に日本の人口は9,000万人を割り込み

建設業の熱中症対策はどうなってる?労働災害発生に向けた防止対策まとめ

建設業にとって、猛暑の中の作業は大変負荷が強いものです。特に近年は猛暑が続いており、台風・豪雨などによる寒暖差の変化も激しい状況です。若かったり基礎疾患がなくても、熱中症で命を
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京