建設業許可申請ならKiND行政書士事務所

電話無料相談受付中!0120-698-250メール相談はコチラ
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京

建設業法と許可申請 建設業許可に関する記事をご紹介!

建設業許可の番号の見方をわかりやすく解説!

建築業を業とする時に必要となるのが、「建設業許可」です。その建設業許可を取得していることを示すものが、建設業許可番号となります。建設業許可番号をみれば、建設業許可を取得している

建設業許可事務ガイドライン改訂の内容を解説!押さえるポイントはどこ?

建設業を営む上でほぼ必須となる許可が「建設業許可」です。この建設業の許可申請を行う上で基準となるのが、建設業許可事務ガイドラインとなります。建設業許可事務ガイドラインを通して、

建設業許可票は掲示する必要がある?手続の内容や人気の許可票もご紹介

近い将来、建設業界で起業しようと考えている方も多いと思われますが、事業を始めるにあたり建設業許可の取得やその許可票(標識)が必要になることをご存じでしょうか。産業によっては営業

建設業許可の更新はどうやる? 業者を選ぶポイントも紹介

建設業を営む上で必要な許認可が建設業許可です。軽微な建設工事だけを請け負っていく場合には建設業許可は不要ですが、特定の親会社などから仕事を請けることだけを目的にするなど特別な理

建設業許可における「500万円」のラインとは?

建設業許可においては、様々な意味で重要な「500万円」のラインが存在します。この500万円は、「建設業の許可を受ける上で必要な、500万円の資本金か自己資本」のことを示しており

建設業で独立・開業するにはどうすればいい?必要な許可は?

将来、建設業界で独立・開業してみたいと思っている方は少なくないでしょう。しかし、その独立・開業する方法や必要な情報を知らない方も多いはずです。 そこで今回は建設業での独立・開業

建設会社の作り方・手順をわかりやすく解説

建設会社を設立するには、定款の作成、本店所在地の決定、資本金の調達、設立時代表取締役の決定、登記の申請など、各種書類や様々な手続きがあります。また、建設会社設立後の建設業許可を

建設業許可が不要な工事とは?

建設業者が工事を行う上では、「建設業許可」がどのようなケースでも必要という訳ではありません。一定の条件に当てはまれば、建設業許可を取得していなくても工事に携わることができます。

2020年10月施行の建設業法改正の内容解説!

2020年(令和2年)10月1日に建設業法改正内容の一部が施行されます。今回の施工される建設業法の改正は、『新・担い手三法』として日本の生活インフラや経済の基盤インフラの建設や

建設廃棄物の処理 その責任と適切な処理方法を解説!

建設現場から必ず出てくるのが廃棄物です。建設現場での建設廃棄物をめぐる特徴は2点あり、1つは様々な種類の建設廃棄物が発生することで、もう1つは産業廃棄物を発生させる業者も複数い
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京