建設業許可申請ならKiND行政書士事務所

電話無料相談受付中!0120-698-250メール相談はコチラ
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京

建設業法と許可申請 建設業許可に関する記事をご紹介!

建設業で解体工事業の許可を得るにはどうすればいい?

建設業の許可は、建設業法に基づいて業種ごとに許可を受けることになっており、現在は29業種に分かれています。従来28であった建設業許可の業種が現在の29業種になったのは、「とび・

赤字でも建設業許可は取得できる?

この記事では赤字でも建設業許可を取得できるパターン、一般建設業許可・特定建設業許可でどのように異なるのかなどを、詳しく解説し、赤字であってもできるだけ建設業許可を取得できるよう

板金工事における建設業許可取得の流れとポイント

建設業を営業しようとする場合には、建設業許可が必要です。この建設業許可は、令和3年4月現在29種類あります。この29種類の中の一つが、板金工事業になります。板金工事業の許可があ

【建設業許可】国土交通大臣許可と都道府県知事許可の違いって何?

建設業の許可にはいろいろな種類があり、国土交通大臣許可(大臣許可)と都道府県知事許可(知事許可)、特定建設業許可と一般建設業許可などに分かれています。大臣許可・知事許可は営業所

建設業許可、「一般」と「特定」の違いとは

建設業許可は、建設業法に基づき、一定規模以上の建設工事を請け負う場合に国土交通大臣または都道府県知事から受ける許可ですが、一般建設業許可と特定建設業許可の2種類に分かれています

建設業許可証明書に有効期限はある? 更新の方法は?

一定規模以上の建設工事を請け負う場合、受注者が事前に建設業法に基づいて取得するのが「建設業許可」ですが、その許可の内容を証明する書類として、建設業許可証明書があります。 建設業

建設業許可の番号の見方をわかりやすく解説!

建築業を業とする時に必要となるのが、「建設業許可」です。その建設業許可を取得していることを示すものが、建設業許可番号となります。建設業許可番号をみれば、建設業許可を取得している

建設業許可事務ガイドライン改訂の内容を解説!押さえるポイントはどこ?

建設業を営む上でほぼ必須となる許可が「建設業許可」です。この建設業の許可申請を行う上で基準となるのが、建設業許可事務ガイドラインとなります。建設業許可事務ガイドラインを通して、

建設業許可票は掲示する必要がある?手続の内容や人気の許可票もご紹介

近い将来、建設業界で起業しようと考えている方も多いと思われますが、事業を始めるにあたり建設業許可の取得やその許可票(標識)が必要になることをご存じでしょうか。産業によっては営業

建設業許可の更新はどうやる? 業者を選ぶポイントも紹介

建設業を営む上で必要な許認可が建設業許可です。軽微な建設工事だけを請け負っていく場合には建設業許可は不要ですが、特定の親会社などから仕事を請けることだけを目的にするなど特別な理
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京