建設業許可申請ならKiND行政書士事務所

電話無料相談受付中!0120-698-250メール相談はコチラ
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京

建設業許可コラム 建設業許可に関する記事をご紹介!

建設業許可の注記表とは?書き方や作成時のポイントを紹介

一定規模の建設工事を請け負う場合、事業者は法律で定められた「建設業許可」を受けなくてはなりませんが、その申請時には財務諸表などの提出書類が多くあります。 その財務諸表には、貸借

建設業の「特定技能」とは?取得に必要な要件・書類も解説

建設現場で活躍している外国人就労者が増えています。2019年時点で、1,658,804人の外国人が日本国内で就労者として日々働いています*。また、建設業では同年で93,214人

建設業許可取得後の住所変更手続きとは

建設業を営む上で必須の建設業許可は、許可の取得後に会社住所などが変わると届け出の提出が必要になることをご存じでしょうか。建設業法で定められた期限までの届け出を怠ると、罰則があり

個人事業主が法人成りするときの建設業許可はどうなる?

個人事業主が法人成りするときの建設業許可はどうなる? 個人で始めた建設業の経営が軌道に乗り、さらなる事業拡大の目的で法人化することを個人事業主の法人成りといいます。個人経営の建

建設業の求人が来ないときに見直すべきポイント7つ

建設業で求人を行っても、募集人数に応じた応募者がなかなか集まらず、慢性的な人手不足と言われています。そこで、今回の記事では、建設業の求人が来ない原因を探り、併せて、求人が来ない

建設業許可を「10年以上の実務経験」で取得する方法と注意点

建設業許可を取得しようとするために必ず満たさなければならないのが“許可要件”(建設業法第7条)です。この許可要件の1つが専任技術者の設置(同法第7条第2号、同法第15条第2号)

建設業許可があっても他県で工事はできない?

建設業許可は、一定規模以上の建設工事を請け負う場合に受けることとされている許可です。この建設業許可には、国土交通大臣許可と都道府県知事許可がありますが、大臣許可は全国の工事がで

建設業のピラミッド構造を詳細解説!ゼネコン、サブコン、下請会社とは

業界の構造を理解することは、その業界に就職しようとする人や仕事を依頼しようとする人にとって重要です。製造業・卸売業・小売業・飲食業、建設業など複数の業界がありますが、そのどれも

建設業許可の不要な附帯工事とは

建設業許可は、建設業法に基づき、建設工事を請け負う場合に、国土交通大臣または都道府県知事から受ける許可をいいます。 しかし、付帯工事を請け負う場合は建設業許可を受けなくてもよい

建設業の現場では高齢者に就業制限が設けられている?

建設業界では人手不足が深刻化する中、高齢労働者の活用がますます重要になっています。しかし、危険が少なくない建設作業において高齢者の就業には問題もあり、年齢や作業等に関して配慮と
建設業許可申請が全国一律76,000円!KiND行政書士事務所:東京